志を果たして、いつの日にか帰らん

今日は個人的な出来事を書きます。

大切な仲間と死別しました。

仲間になって2か月もしないうちに旅立っていたことを、知りました。

初めて会ってから、4か月弱。
東京に暮らす彼と実際に会ったのは3回です。

初対面の日、雨の夜、彼をホテルまで送りました。
家に着くと、メッセージが。
「僕の財布が車に落ちていないでしょうか?」と。

たしかに後部座席に財布は落ちていましたが、
なんともラブリーな女性用っぽい財布だったのが印象的です。

明日の朝早く東京に戻る彼に財布を届けてあげたいけど、
高速で1時間半ほどの距離まで帰ってきてしまいました。
しかも夜更けです。

でも、奇跡的に彼の乗換駅近くに、私も翌朝仕事で行くことになっていました。
翌朝、仕事前に駅の交番に財布を預けて、無事に届けることができました。

 

そんなエピソードから始まった私たちでした。

 

その後、同じ志を抱いて夢新聞講師を目指し、同期として一緒に卒業しました。

私はビジネス講座としての活用を考えていましたし、
彼の仕事柄、彼もビジネス向けに展開するのだろうと勝手に思っていました。

だけど、彼は「子どもたちのためにやりたい」と目を輝かせていました。

お互いに模擬講座もやりました。
講座の冒頭で、自分の言葉で夢新聞をやる意義を語るシーンがあります。
どうして今日ここで夢新聞を書いてもらうのか。
自分自身の体験や学びから、夢新聞を書くことの意味を自分なりに語り掛けるのです。

彼は、音楽で叶えた夢について語りました。

きっと、たくさんの子どもたちの夢を後押ししてくれたに違いないのに。

ついに一度も夢新聞講師として登壇することなく、旅立ってしまいました。

 

そのすぐ後、軽井沢で1泊2日の合宿もしました。
お約束の部屋飲みでも大いに語り合い、私たちに素敵なアイデアを残してくれました。

私はその時、ギュウギュウ詰めで隣に座っていた彼の温もりを、思い出すことができます。
あんまり、大人になってから人と接触する距離で長時間過ごさないですよね。
満員電車に乗らない長野県民なので、なおさらです。
だから、とても印象に残っています。

あったかかった。

命の温もり、あたたかさが、確かにそこにありました。

 

若い、かわいい男の子とくっついて座っている、
どこか居心地の悪さと、それでも温もりの安心感。

それから僅か2か月で死別することになるなんて。

志を果たして帰ったんだと、お父様がおっしゃっていました。

 

そうだね。そうなのかもしれない。
だけど、子どもたちの夢、まだ応援してなかったですね。
そこだけは、私たちが志を引き継いでいきますね。

 

出会って4か月とえいば、ほとんどすれ違っただけのような存在だったのかもしれない。

でも、私たちは同じ志で結びついた同志でした。

志は、亡くなっても誰かが引き継いで行ける宝物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です